Notice: Undefined index: query in /home/giftive/giftive.jp/public_html/wp-content/plugins/coldbox-addon/inc/amp.php on line 554

乳児がいるママやパパへ贈りたい軽量抱っこ紐

最終更新日

娘が生まれる時に抱っこ紐について色々と調べました。

しっかりとしたホールド感で人気な「エルゴ」は、周りでも使っている人が非常に多くとても使いやすい抱っこ紐ではありますが、抱っこひも自体が非常に重く、肩や腰に負担がかかると話していました。赤ちゃんづれですと何かと荷物が多くなりますので、少しでも軽くできるものは軽くしたい・・!

今回は「乳児がいるママやパパへ贈りたい軽量抱っこ紐」をご紹介したいと思います。

mont-bell ポケッタブル ベビーキャリア

〈参照〉mont-bell公式サイトより

軽量・コンパクトに収納でき、携行に便利なポケッタブル仕様のベビーキャリア。「抱っこ」と「おんぶ」の2通りの使い方ができ、荷重をウエストで支える疲れにくい設計です。通気性に優れる素材を使用し、お子さまが蒸れにくくなっています。見た目もかっこよく、男女と問わず使用できます。赤ちゃんの背面部分にはスマホを入れておけるくらいのポケットもあり、こういった気遣いもありがたいですね。

〈参照〉mont-bell公式サイトより

その重さはなんと372g!!畳むとかなりコンパクトになりますので、使わない時にはかばんにしまって置くこともできます。ハイキングやお出かけなどで、歩き疲れたお子さまの抱っこに最適。汚れたら洗濯機で丸洗いできますよ。お値段は6,490円です。

タックマミー

〈参照〉タックマミー公式サイトより

現役ママがデザイン・開発した、日本製オリジナルブランドの手作りクロス型だっこひもは、年中快適、柔らか安心素材の綿100%なので肌触りがやわらかめの優しい生地を使用し、赤ちゃんを優しく包み込みます。

暖かい季節でも、タックマミーの抱っこひもなら紐に厚みが無く通気性も良いので、比較的涼しく快適にお使い頂けます。また、汗をかいても丸洗いできるので清潔に使うことができますよ。

寒い季節には、タックマミーの抱っこひもなら紐に厚みがないので、抱っこひもの上からアウターを羽織っても目立ちません。

〈参照〉タックマミー公式サイトより

おすすめしたい点はなんといっても装着の楽さ!ママが抱っこ紐をかぶり、赤ちゃんを中に入れてファスナーと安全ホックを閉めるだけ。簡単に着脱できます。

赤ちゃんとのお出かけは荷物が増えがちなので、コンパクトにたためるタックマミーのだっこひもはおすすめです。メインの抱っこ紐としても、多機能抱っこ紐のセカンド抱っこ紐としても人気です。

コニー 2021 コニー抱っこ紐サマー

〈参照〉コニー公式サイトより

新生児から20キロまで幅広く使うことのできるコニーの抱っこ紐。

密着度は高いのに暑くないので、暑がりなママやパパ、赤ちゃんにとっても快適に使える一体型スリング抱っこ紐となっています。

紫外線から85%カットし、赤ちゃんのデリケートな肌を守ります。丸洗いできるのはもちろん、すぐに乾くのも大きいメリット。

〈参照〉コニー公式サイトより

重さはなんと160グラム!!!おそらく抱っこ紐の中でこちらの商品が一番軽いのではないでしょうか?他の抱っこ紐のようにマジックテープやバックルなどを使っていないので、寝ている赤ちゃんを起こす心配もありません。自然なカンガルーケアで、ママも赤ちゃんも快適な育児ライフを楽しむことができます。お値段は5,880円です。

エアリコ 「プレミアム」美藍(BIAI)

〈参照〉エアリコ公式サイトより

助産師さんの経験と知恵から生まれたエアリコの抱っこ紐は、肩や腰だけではなく、骨格で赤ちゃんの重さを支えます。 赤ちゃんが良く寝るヒミツは、 柔らかいキルト生地。

抱っこ紐全体にクッション性があり、赤ちゃんを優しく包み込みます。 そして、 前抱きをすることでママの心音を聞くことができるのです。 肩・背中・腰を覆うようにネジれたキルトの肩紐が、筋肉ではなく骨格に重さを分散させることができるのです。
ベビーキャリアと呼ばれる多機能タイプ(前抱き、横抱き、おんぶなどができるタイプ)の抱き心地とは全く違った、実用性に特化した抱っこ紐なのです。

〈参照〉エアリコ公式サイトより

抱っこ紐に使い慣れてくると気になるのが「抱っこ紐の大きさ」。
抱っこしないときは外したいけど、たたんでも鞄に入らないでは荷物が増えて仕方がありません。 エアリコの抱っこ紐は、たたむと食パン2枚分ほどになります。 重さも軽く約200~300g程度です。(素材やサイズによって前後します)
いつでも持ち歩くことを考慮した設計です。お値段は13,178円です。

日本エイテックス キャリフリー ポケッタブルキャリー

〈参照〉日本エイテックス公式サイトより

首がすわってから36カ月まで使える簡易型キャリーは、対面抱っことおんぶができる2WAYタイプ。ポケッタブル機能でコンパクトになるので持ち運びに最適!

〈参照〉日本エイテックス公式サイトより

「もう抱っこひもはほとんど使わないけど、ちょっとぐずられちゃったら腕が辛い…」など、ぐずってしまった時用として常備してあると便利なんです。
ウェストベルトやスリーピングフードもなく、ショルダーベルトの必要箇所にのみウレタンクッションを使用してあるのは、260グラムという軽量を実現した秘密。

ファスナー付きポケットが収納袋になっています。お腹を締めつけたくない妊婦にもお勧めのキャリーです。お値段は6,380円です。

最後に

今回は「乳児がいるママやパパへ贈りたい軽量抱っこ紐」をご紹介しました。

抱っこ紐によって、対象月齢が異なりますので、ご購入の前にはよく確認してからプレゼントしてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Yuki

シェアする